検索
  • cocoro.inc

ペットの写真を上手く撮影するコツとは



いつも「社会貢献型ペット用品店cocoro」をご利用頂き有難う御座います。 cocoroのペットフードロス削減の取り組みから1周年ということで…現在、サイトやイベントを鋭意作成中ですが、皆さんもうご覧になって頂けましたでしょうか。


◆cocoro ペットフードロス 1st Anniversary https://www.cocoropj.com/campaign


cocoro初の試みとなる「フォトコンテスト」の開催ということで、皆さんからのかわいいペットの写真を4月18日(土)から、募集させて頂きます!


最優秀賞には、Amazonギフト券や、cocoroの本店で利用可能な3,000円分のポイントなどもありますので…是非奮ってご参加くださいね!


さて、本日はなかなか難しい「ペットの写真」についてです!


最近はデジカメのような、カメラを持ち歩く方も減り…皆さんスマホで撮影することがほとんどナノではないかな?と思います。スマホの画質は、とてもキレイですし…なにより手軽で思いついた時にすぐ撮影できるのはいいですよね!


でも…ペットはシャッターチャンスが難しいので…大変。そこで、いくつかのコツがあるようですので、ご紹介致します!



1.ペットと目線を合わせて撮影!

立った状態のまま写真を撮っても、上手く撮れなかったり、いつも同じ視点からの写真になりやすかったりします。そこで、しゃがんだり寝転んだりしてペットと目線を合わせてみましょう!目線を揃えることで躍動感がうまれたり、顔をアップで撮れるので、表情が鮮明に見えてきれいな写真に仕上がります!



2.自然光で撮影!

暗い部屋や曇りの日に撮影すると、写真がブレたり暗い印象になってしまいます。だからといって、フラッシュ撮影は強い光が当たって、動物たちを驚かせてしまうことも…。 そこで!太陽の下や、強すぎない自然光が差し込む場所…そう、猫であれば窓際にいる時、犬であれば散歩で外に出る時などがおすすめです!



3.いつもとは違うポーズの写真を撮影!

スマホに保存されている写真を見ると…意外と、みんな同じポーズをしている写真が多いものです。そこでペットが寝ている時の写真などは初心者でも簡単に、かわいい寝顔を撮影する事が出来ます。被写体のペットが動かないので撮影しやすいのもポイントですね!


また、近くで撮るだけでなく、寝ている姿を真上から撮影して、ちょっと距離を取るのも良いかもしれません!



4.連写でブレない写真を撮影!

動いているペットを撮影する時、シャッターチャンスを待っているのはとても大変です。未だ!と思って撮影しても上手く撮れていない事も多々…そこで、連写です!スマホの連射機能は高性能ですので…動いている被写体でもブレる事無く撮影が可能です



5.シャッターチャンスを作って撮影!

ペットは飼い主の撮影のことなんてお構いなし…あっちこっちに走り回って全然撮影がうまく行かないことも…そんな時は、一瞬のシャッターチャンスを作りましょう。いつも使っているおもちゃや、飼い主さんが声をかけてあげることで、こちらを振り向く瞬間など…一瞬のスキをついて、撮影をすると、いつもと違った表情が撮れたりしますよ!



みなさんも、是非色々参考にして頂いて、フォトコンテストにお気に入りの1枚を投稿してくださいね!皆さんから頂いた写真をこちらで紹介させて頂く事もありますので、是非とも宜しくおねがいします!


0回の閲覧

株式会社こころ・ ペットフードロス削減プロジェクト「CCP」

©2019  cocoro.Co., Ltd. All Rights Reserved.created UKAI