検索
  • cocoro

外出自粛による「買い占め」はペット用品にも影響あるのか

最終更新: 4月2日




いつも「社会貢献型ペット用品店cocoro」をご利用頂き有難う御座います。 都内では「外出自粛」が騒がれている中、皆さんはこの週末をどのように過ごされるのでしょうか。ずっと家にいるのが退屈なのは、人間だけでなく、ペットもそうですよね。 犬を飼育されている方々は、外出自粛とはいえ、散歩をしないわけにもいかず…マスクも品薄の中、人気のないところを散歩するといっても難しい現実もあるかと思います。そんな中、海外のニュースで、普段では想像できないような記事を発見しました。 ◆1㎞犬を散歩させて罰金 スペインの新型コロナウイルスの現実 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200325-00010000-courrier-eurp こちらの記事によると… スペインでは病院、スーパーや薬局での日用品の買い物、そして犬の散歩以外は基本的に認められていないそうで、無駄に歩いてると罰金との事。犬の散歩の範囲が許されているのは500mらしく、それを知らなかった人が家から1㎞離れて散歩していたところを警察に捕まってしまったそうです。 更には、先日より「外出自粛」の発表に伴い、買い占めがまた加速してしまっているというニュースも…。実際、ペットシーツなど、ペットの消耗品に加え、ペットフードなどを必要以上に備蓄される人もいるとか。日本ではあまり話題にはなってませんが…このまま続けば、人間だけでなく、動物たちの世界にも影響が出てくる日も来るのではないのでしょうか…。

ペットフードロス削減を促進しているcocoroとしては、消費者側の必要以上の買い占めが発生してしまうと「廃棄」になってしまう事を懸念してしまうもの。生産サイドも、一過性の消費に併せて生産をしてしまうと、当然ロスも多く発生してしまうため、調整が難しいように感じています。 人間食べ物でも、フードロス削減の動きは多く見られる中、やはりペットフードロスに関してはまだまだ認知度が低く、ましてや昨今のコロナウィルスの話題で「人間ファースト」の考え方は当然の傾向だとも思っております。 なんにせよ、1日も早く落ち着いてほしいですね。 当店は、まだマナーウェア(オムツ)も少しありますので、必要な方はご覧になってみてください。 今回の騒動で、ペットフードや用品が廃棄につながるような事が無いことを祈るばかりですね! さて、明日からは天気も崩れるようですし…たまにはゆっくり自宅でペットとひたすら遊ぶのもいいかもしれませんね! それでは、また来週。

0回の閲覧

株式会社こころ・ ペットフードロス削減プロジェクト「CCP」

©2019  cocoro.Co., Ltd. All Rights Reserved.created UKAI