検索
  • cocoro.inc

今月のcocoroのペットフードロス削減量は「約15.8トン」

最終更新: 2020年12月4日


いつも「社会貢献型ペット用品店cocoro」をご利用頂き有難う御座います。


早いもので、11月も終了ですね…。12月に入ると、今年も最後!という雰囲気が漂い…年末の慌ただしさを肌で感じるようになってまいりますね。


ラストの12月は4日から開催予定の大型セール「楽天スーパーSALE」がありますし、更に年末年始のイベントなども開催予定ですので…皆さん是非チェックしてみてくださいね!


今年は、新型コロナウィルスという…全く予想の出来ない社会情勢にかなり左右され、想定外の事態が本当にたくさんありましたが、こうして年末を迎えることが出来るのも、一重にペットフードロス削減に賛同して頂き、ご協力頂ける皆様のおかげで御座います。


cocoroがこのサービスを提供して、1年半程度が経過致しましたが…本当に多くの方にご利用いただく機会が増えて有り難い限りで御座います。


最近では、メーカー様、卸様などのご協力も本当に増えてきまして「捨てる」ことについて、関わる方々の多くが「考える」機会を設けて頂いているように感じました。TVのCMでも「SDGs」の言葉を聞くようになるくらい、フードロスに対して、すべての人が興味を持ち、人間だけでなく、動物たちの世界にも、ペットフードロスが存在し、さらには「廃棄」を削減することで救える命があることを、今後も広めていけるように取り組んでまいります。


さて、そんな11月で御座いましたが、今月のペットフードロス削減量のご報告です。

◆2020年11月のペットフードロス削減量


15,801,480(約15.8トン)

※cocoro全店における「フード・おやつ」総出荷量から算出

※リードや首輪、おもちゃなど「用品」は対象外


◆「cocoro」ペットフードロス削減量・合計(2020年11月末現在)

282,688,704g(約282トン) ※計算方式についてはコチラをご参照下さい。

※過去のペットフードロス削減量はコチラからご確認頂けます。

こうして数字で見ると、先月あたりからペットフードロス削減量の数値は減少傾向に御座います。各所で、売り切る努力が加速している現れなのかな?とも思いますが…単純に10月が通販業界全体が少し落ち着くことが原因のように感じております。


また、ここ最近「用品」の圧倒的な二次流通品の量を目の当たりにしている状況が続いております。cocoroはペットフードロス削減、と銘打って様々な取り組みを行っておりますが、パッケージ変更、外装の打痕など…商品に問題がないのに、廃棄されてしまう「用品」も、二次流通にて、提供しております。


今後は、用品の廃棄量も明確化させて行きたいな…と思う反面、数値化するのは本当に大変な部分もあり、現在試行錯誤中です。


cocoroに入荷される用品の9割以上は、商品に全く問題がなく…本当に廃棄されてしまうのが不思議なくらいの状態です。しかしながら、世の中の生産、流通、廃棄の流れでは…季節用品や、パッケージ変更…様々な理由が伴い、どうしても処分されてしまう傾向が強くあります。保護動物たちにも、十分に使える商品が多いことから、こうした商品の寄付ルートなども作れないかと…cocoro全体でも考えております。


ただ無駄に廃棄することの無いよう、二次流通品の質の高さと、圧倒的な低コストを目指して…今後も皆様のもとにご提供できるよう続けてまいります。


今年も残すところ、あと1ヶ月。

体調など崩されぬよう、皆様お気をつけてお過ごしくださいませ!


それでは!また!




42回の閲覧

最新記事

すべて表示

株式会社こころ・ ペットフードロス削減プロジェクト「CCP」

©2019  cocoro.Co., Ltd. All Rights Reserved.created UKAI